2007年05月09日

BMW2ケタ減益、ユーロ高が直撃・販売も伸び悩み

税引き前利益が34%減少したそうだ・・・
そんなに売れなかったのかなあ
------------------------------------------------------------------------
bmw.jpg 独自動車大手のBMWが3日発表した1―3月期決算は、純利益が前年同期比38%減の5億8700万ユーロ(約960億円)に急減した。高級乗用車の販売台数が伸び悩み、ユーロ高も響いた。

 売上高は同2.9%増の119億5100万ユーロだった。主力のBMWブランド車、小型車「ミニ」など傘下の乗用車販売は前年同期並みの33万3000台にとどまった。付加価値税(消費税に相当)の税率引き上げで、独国内の新車販売が減少した影響もある。

 ユーロ高が輸出車の足かせになったほか、原材料高で今後の収益を支える新型車導入の経費も増えている。ライトホファー社長は「新型車の投入で、今期は過去最高の140万台強を売り、増益を確保したい」と強気の姿勢を崩していない。
(日経新聞)

posted by れい at 19:41 | BMW

2007年05月07日

「夢はF1」17歳疾走 BMW奨学生に合格、レース参戦 博多青松高・城本さん

F1の奨学生というのがあったんですね。
プロスポーツ選手になるならと聞かれたら、やっぱりF1ドライバーが一番報酬が高いそうだ。確かに危険と隣り合わせだが、ボクシングだってそうだし、どんなスポーツでもリスクはある。けれどそれに余りある報酬が魅力なのだが、なるためにもかなりお金がかかるので普通の家庭には難しいだろーナ・・・
でもこんなのがあるんだったらいいよね〜
----------------------------------------------------------------------
bmw.jpg 自動車のF1にも参戦するBMWの奨学生に、日本人として初めて選ばれた城本さん
 自動車レースの最高峰F1に参戦中のドイツのメーカーBMWの奨学生に、福岡県立博多青松高校3年(定時制)の城本祥兵さん(17)が、日本人として初めて選ばれた。10歳で始めたレーシングカートの腕を見込まれ、F1への登竜門となる今年の「フォーミュラBMWアジア」シリーズ(全22戦)にフル出場する。高校生活の傍らアジア各地を転戦する強行日程となるが、城本さんは「F1に乗る夢を実現したい」と闘志を燃やしている。

 城本さんは小学4年だった1999年、自宅近くのカート場に通い始め、その年のソニックパーク安心院(大分県)のカートレースのジュニアクラスに出場。2000年にシリーズ3位、01年には同1位となった。国内の上位クラスに舞台を移し、レースの腕を磨いた。

 今年2月にBMW奨学生に応募し、初めて同社のマシンでテスト走行。3月のドライビングテスト(本試験)で合格を決めた。ほかの奨学生は南アフリカ、中国、インドの計4人だった。

 開幕戦は5、6日の2日間、F1の開催地でもあるマレーシアのセパンサーキット。BMWの登録ドライバーとなる城本さんは、11月までに同国をはじめ、インドネシア、中国の各サーキットを転戦し、ポイント制でシリーズ王者を目指す。マシンの最高速度は、直線では時速250キロを超えるという。

 日本人初のBMW奨学生の誕生に国内のレース関係者も注目している。フォーミュラニッポン・チームディレクターのハマ田哲彌さん(39)は「素晴らしい。ぜひ好成績を収めてほしい」とエールを送る。

 城本さんは、応援してくれる両親の経済的負担を少しでも減らすため、ガソリンスタンドでアルバイトし、仕事の中でオイル、タイヤ交換など車両整備も学んでいる。夜はジムで体を鍛え、海外生活に備え、英会話の勉強も始めた。

 週末にアジア各地でレースに臨む厳しい生活が始まるが、城本さんは「つかんだ世界へのチャンス。着実にステップを踏んで、必ずF1レーサーになりたい」と力強く語った。
―西日本新聞―
posted by れい at 19:51 | BMW

2007年04月28日

BMW車のボディカラーから好きな色で塗装するBMW自転車を抽選で毎月3名に販売!

せっかくきれいに磨いてもらったけど、半年に一度のコーティング。でもなんか新車時の輝きが取り戻せてないようだ・・・
さらに窓に油膜か水垢か不明だが、スカッと見えない・・・
やっぱりいつまでもきれいにというのは難しいんだろうか〜。
今度スタンドで窓の油膜取りをやってもらおう。


bmw
 アクセサリー/ライフスタイル商品の認知拡大などを目的としたキャンペーンを実施
 ビー・エム・ダブリューは、6月1日より8月末まで全国のBMW正規ディーラーにてアクセサリー/ライフスタイル商品の認知拡大・販売促進、およびサービス工場の夏季点検入庫を目的とした「BMW Summer Campaign」を実施すると発表した。

 このキャンペーンでは、BMW純正アクセサリー/ライフスタイル・アクセサリーを1万円以上購入した人またはサマー・コンディション・チェックで入庫した人全員に記念品としてアロイ・ホイールのイラストと「Original BMW Alloy Wheels」の文字が印刷されたBMWオリジナル・アンブレラが進呈される。

 また、期間中、タイヤとBME純正ホイールを4本セットで購入した人に特別記念品として、腕時計やネクタイなどを収納し旅行や出張の際に便利なBMWオリジナル「エグゼクティブ・ケース」が進呈される。

 さらに、洗練されたデザインでドイツのデザイン賞「自転車・2輪部門」を受賞したBMWのバイシクル・スポーツ・クルーザー「Cruise Bike(サイズSのみ)」(メーカー希望小売価格16万8,000円(税込))を期間中に注文した人の中から、抽選で毎月3名にフレーム部分を特別カラーにて塗装するとのこと。BMW車のボディー カラー(日本導入カラーに限る)の中から好きな色を選び、BMW純正水性塗料システム「Color System」を用いて塗装され納品される。





posted by れい at 12:43 | BMW

2007年04月27日

BMW、ドイツ大臣に水素で走るクルマを貸与

このままでは免許がなくなってしまう・・・
特にスピードを出しているわけでもないので、もしかして狙われてしまうのかも。
ディーラーの担当者に話をしたら、パトカーのレーダーをキャチする機械をつけたらと言われた。
最近のものはすごく高性能になっているらしい。
ちょっと調べてみなくちゃ・・・


bmw BMWは、ドイツの経済・科学技術担当大臣ミヒャエル・グロス氏に、世界初の水素とガソリンのどちらの燃料でも走行可能なBMWハイドロジェン7を貸与した。

 今回クルマを貸与されたミヒャエル・グロス大臣は「水素技術は、ドイツが長期のテクノロジーリーダーとしての地位を強化していくための機会を与えてくれます。我々には、天然資源や地球環境を保護するための代替手段が早急に必要です。将来的に向けての長期のモビリティを確保するために、ドイツの自動車産業が推進するソリューションの一例をBMWが示してくれています」と述べた。
 
 BMWハイドロジェン7は、7シリーズをベースに、現在までに100台が生産され、政界、実業界、社会のなかで選ばれた人に貸与されている。
(カービュー)
posted by れい at 10:25 | BMW

2007年04月26日

【リコール】BMW、2車種で変速不能など

先日、高速道路で2度目のスピード違反。車のコーティングのため、台車を借りたその車で・・・・。
109kmで29kmオーバー。なんとそこは80km制限だったらしい。
代車は旧の3シリーズ。走行距離はまだ7000km程度で特にスピードを出したわけでもなかったのに・・・っくやしい・・。

bmwビー・エム・ダブリューは26日、BMW『M5』と同『M6』の電子制御油圧ユニットモーターに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。05年3月から06年1月までに生産された440台が対象。

電子制御式手動変速機の電子制御油圧ユニットモーターにおいてカーボンブラシとホルダーとのすき間が不十分で、ブラシが固着し接点が接触不良を起こすことがある。

そのまま使用を続けると変速不能となり、停止した際にクラッチが切れなくなってエンジンが停止、再始動できなくなる恐れがある。
(カーセンサー)
posted by れい at 12:15 | BMW
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。